無添加住宅を建てて5年が経ちました。はじめてこのブログを読む方は、必ず、「はじめての方へ」をお読み下さい。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私はES(電磁波過敏症)ではないですが、
パソコンをやりすぎると、頭が痛くなったり、
気持ち悪くなったり、疲れやすくなったりという事がありました。
(そんなにひどい症状ではないです)

それが、ここ最近、長~くパソコンをやっていてもあまり気にならず、
(2.3時間だとさすがに駄目ですが)
あ~これはアースのおかげかな?と思いました。

ある日、パソコンをやり始めたら、珍しく軽い体調不良。
何だろう?と思っていたら、なんとアースが外れてました(^^;)
アースって大事かも。

新しい家では、全てのコンセントをアースできるものにしました。
(現在アースしてるのは、洗濯機・電子レンジ・パソコン・固定電話のみですが)

化学物質過敏症と電磁波も関連しているようなので、
更なる体調回復をのぞめるといいなぁと思います♪
スポンサーサイト
オールアース住宅を取り入れるにあたって、一番心配だったのは、
ES(電磁波過敏症)ではないのに、家の中が良い電磁波環境になったら、
より電磁波に過敏になってしまうのでは?という事でした。

この事の答えは、実はまだ分かりません。

引越ししてすぐ、一時レンジの電磁波に過敏になった時がありました。
(とは言え、ESには程遠いくらいの症状です)
引越し前まではリビングにおいていたレンジを、
引越し後キッチンにおいて、レンジを使いながら料理していたのが
原因かな?と思います。
言葉で言い表すのは難しいのですが、レンジを使うと、
とてもその場にはいられない感覚になりました。

その後、レンジを離して使うようにしたら、元の体に戻って来ました。
でも、相変わらず、コンセントを入れたままだと、電場を感じたり、
除湿機なんかもつけていると居心地が悪いので、
その部屋にいる時は電源をきるようにしています。

この時の事は、オールアース住宅にした影響なのか、
レンジを近くで使った影響なのかは分からないです。

今のところ、電化製品を置いていなく、
一番こだわって作った寝室が(これはCS的に)、
一番居心地が良いです(^^)
どの部屋も、より快適に過ごせるようになるといいな!
まだまだ家の環境や体調は良くなるんじゃないか~と
期待している今日この頃です。




無添加住宅―化学物質に対する反応
オールアース住宅―電磁波に対する反応

どちらも、住み始めたら、急激に回復!!という事はなさそうですが、
ゆっくりじっくり、回復に向かっていければな、と思います。
また体調に変化があったら、記事にしようと思います。

私はES(電磁波過敏症)の症状はないですが、
(電磁波を感じたり、少し頭痛がしたり、気持ち悪くなったりはあります)
電磁波もCS(化学物質過敏症)に影響があるのでは?と思い、
オールアース住宅を取り入れました。
オールアース住宅では、屋内配線の電場をアースします。

私はESではないので、ハッキリとした効果は感じられなかったのですが、
荷物を運び込む前、ここは居心地悪いなぁと思っていたところは、
電場の数値が高くて、自分の体に驚いた経験がありました。
(屋内配線アースは、住む部屋のみなので)

その後、引越しして荷物を運び込み、荷物や家具からの
CS的影響があるので、オールアース住宅に対する反応や感想は、
この時のものが、一番純粋で近いのではないかな?と思います。
ESの人が体験したら、もっとはっきり分かるのでしょうね(^^)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。