無添加住宅を建てて5年が経ちました。はじめてこのブログを読む方は、必ず、「はじめての方へ」をお読み下さい。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4/19に教育委員会に耐震・防水工事に関する要望書を出し、4/30に第一回・回答を頂きました。
(回答は一部分です)
そして、これから本格的な協議をして頂けるとの事で、回答を待っているところです。

耐震・防水工事の危険性や母としての思い、(化学物質的に)より安全な工事になるよう改善案など
伝える事は伝え尽くしたので、市や教育委員会の人を信じて、回答を待ちたいと思います。

耐震工事の回答については、ある程度目処がついてから、経過を含めて報告しようと思います。



本来のこのブログに戻り、
しばらくは書き残していた「家作りに関すること」を書こうかな、と思います。
あとほんのちょっとです。
スポンサーサイト
4/19、教育委員会に要望書を提出してきました。
教育委員会の部長さん、課長さん、いつもお世話になっている市議会議員さん、
私の4人で話し合いを持ちました。
部長さんは偶然にも、数年前に交通安全の件で相談に乗って頂き、
とてもお世話になった方でした。

当事のお礼を改めて言う事が出来て良かったです(^^)

色々な安全があると思いますが、
・交通安全
・耐震工事による建物の安全
・その工事による化学物質の安全

今回はその中の、「化学物質の安全について要望させて頂きます」
という事で、お話ししました。
どの安全も大切なもので、娘を含めた子ども達が元気に学校に通ってくれる事、
それだけが私の望みです。

教育委員会の方も真剣に聞いて下さり、
「臭いのある工事は休みの日にします」
「防水工事は、冬休み、または春休みにします」という事で
お返事を頂きました。

ただ、その後調べたところ、ある高校の先生の話しでは、
学校で防水工事があり、その時には工期が40日かかったという事でした。
もちろん雨漏りの箇所や程度、工法によって差があるとは思いますが、
私は夏休みじゃないと難しいのでは…と判断しました。
たとえ工期が40日だったとしても、本当だったら、
+乾燥期間が欲しいところですが
(防水工事は特に臭いがきついので、臭い・成分を揮発させるために)、
そうすると、夏休みでも間に合わない計算になってしまいます。
それは現実的には難しいことだと思うので、
せめて、工事だけでも夏休みにしてもらえれば、子ども達への
影響は最小限に抑えられると考えました。

そこで、昨日早速部長さん、課長さんに電話で報告し、
改めて夏休みの防水工事を検討してもらう事になりました。
夏は化学物質が揮発しやすいので、出来るだけ温度が高い時に
工事をお願いしたいという思いもあります。

元々防水、耐震工事をあわせて1回と考えていたものを、
2回に分けていただく事は何かとお仕事を増やしてしまうかと思うのですが…
そう思うと心苦しい思いもあるのですが、
子ども達の健康と安全のために、夏休みの防水工事をして頂けると信じて、
お返事を待ちたいと思います。

これからも教育委員会の方や、学校の先生方と相談しながら、
少しでも安全な工事になるよう勉強して行きたいと思います。
23日、学校に行く予定でしたが、
(耐震工事の資料を渡しに行くはずだった)
校長先生が体調不良でお休みのため、延期になりました。

以前からお休みが続いているので、ちょっと心配です。

終了式も終わり、このままお休みに入ってしまうので、
次の話し合いは来年度(4月以降)になりそうです。

春休み中に改めて資料の整理をしようと思っています。
何か耐震工事の情報がありましたら、引き続き募集していますので、
よろしくお願い致します。
詳細は→こちら

※カテゴリ「小学校・耐震工事」を作りました。
耐震工事の記事は、こちらにまとめようと思います。
カテゴリ「小学校・耐震工事」は、左サイドカテゴリの上から2番目です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。