無添加住宅を建てて5年が経ちました。はじめてこのブログを読む方は、必ず、「はじめての方へ」をお読み下さい。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
無添加住宅の現場で働く皆様へ

     ↑
現場監督さんが作って下さって、現場に貼ってあります。


―無添加住宅の現場で働く皆様へ―
当現場は体に良い住宅造りを行っております。
下記の事項、厳守お願いいたします。

1.建物内はすべて禁煙です。
建物外の所定の場所にて喫煙お願いいたします。
2.毎日作業完了後、清掃片づけを行ってください。
3.施工に際し、化学物質の含まれたものの使用について
ご注意ください。
4.近隣に迷惑がかからないよう、駐車場をご利用ください。
5.シックイ塗りが始まりましたら、湿度が100%近くになります。
施工時には換気を行い、作業完了時には除湿機の運転をお願いいたします。
朝、最初に来た方は、除湿機の水捨てをお願いいたします。
6.床・建具等、ムク材を使用しています。
湿気は大敵となります。ご注意ください。
7.工事に携わる人が気持ちよく仕事ができるよう、
住む人が幸せになれるよう頑張りましょう。


最後の「住む人が幸せになれるよう」というところが嬉しいです。
優しい現場監督さんらしい一文です(^-^)

家って本当は幸せな場所なんですよね。
心も体も安心して休める、くつろげる場所。
シックハウスになると、それがなかなか難しくなってしまいます。

本当、幸せに健康に暮らしたいなと思います♪
たくさんの方々の気持ちと、昔ながらの技術が重なり合って
作られている家だから、きっと大丈夫でしょう。
私も繰り返しチャレンジテストしたし。
うん。きっと大丈夫(^-^)v

今一度、この文章を読んで、幸せな気持ちになった私でした
スポンサーサイト
家を建てるにあたって様々な出会いがありました。
そして、私の家を建てる事に関わっている皆さんは、
本当にいい方ばかりです。
出会い遺伝子というのがあって、
思いを同じくする人は、自然に惹かれ合って、
自然に集まるものなのだそうです。

化学物質過敏症は、まだ理解されていない面も多く、
まだ認知されていない病気です。
でも、無添加住宅で家を建てることを考え、代理店を決め、
建てていく過程で、世の中で味わうような過敏症である自分は、
お荷物なんだ…迷惑をかけているんだ…というような感覚は
ほとんど感じずにここまで来る事が出来ました。

実際は、建材1つを決めるのにも時間がかかるし、
打ち合わせをするのにも化学物質に気をつけてもらわないと出来ないし、
家を建てていく際も、普通より気遣うことや、手間がかかることが多く、
皆さん大変な思いをしていると思うのです。

でも、それを顔に出さず、真剣に、そして笑顔で対応して下さいます。
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

素敵なお家を考えて下さった設計さん、
お姉さんのように優しいコーディネーターさん、
過敏症と家の事、両方のバランスを考えてアドバイスしてくれる現場監督さん。
丁寧に仕事をして下さっている棟梁さん、職人の方々…。
陰で過敏症である私を応援して下さっている代理店の社長さん。

そして、誰よりお世話になっている担当のHさん。
化学物質過敏症について、代理店の方はもちろん、
大工さんや工事に携わる方、近所の方にまで説明して下さって、
理解を広めていって下さっています。

無添加住宅の秋田社長は、困った時には相談に乗って下さって、
代理店と秋田さん、そして私の3者で相談しながら、
家作りを進めています。

この中の誰か1人でも欠けていたら、
今の家作りは出来なかったと思います。
工業製品のような家とは違い、
一人ひとりの心や技が重なって作られていく作品のように感じます。

家作りも後半に入りました。
より素敵なお家になるよう、カーテンの素材選びなど
私も頑張って行きたいと思います。
皆さんへの感謝を噛みしめながら…。

皆さん、これからもどうぞよろしくお願い致します!
私が建設をお願いした代理店では、最近、
第三者検査機関に家の建設のチェックを依頼しているようです。

家も同様で、IDとパスワードを教えて頂いて、
HPで確認してきました。
写真などたくさん載っていて、チェックしたポイントが
書かれていて、こういうことが大事なんだなと勉強になりました。

せっかくなので、お義父さん・お義母さんにも見てもらいました。
ネットって本当便利ですね(^-^)

元々信頼してお任せしていた建築でしたが、更に安心感が増しました!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。