無添加住宅を建てて5年が経ちました。はじめてこのブログを読む方は、必ず、「はじめての方へ」をお読み下さい。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
楢材は少しのどの痛みがあったので、
空気のいい日に2.3日風にさらしてみた。
だいぶいい感じ?
部屋に置いて普通に暮らしてても問題なさそうなので、
今度は楢材をリビングに置いたまま寝てみる。
(それまでは寝るときは、廊下に寄せて、
リビングのドアを閉めていた)

起きたら、ん?喉が少し詰まったような感じ。
いつもの喉の痛みとは違う。(ここ最近毎日微妙に喉が痛いので)
木材一枚で判断することは難しい。
何故なら、これが床一面にひかれるわけだから、
一枚だったら何とかなる?と思っても、影響は大きくなるし、
その差がどれくらいになるか想像がつかないから。
一枚で、絶対大丈夫!というものがあれば、安心だし、
それでも何十枚にもなると大丈夫かな?と慎重に選んで行きたい。
素材選びは重要だ。
たぶん楢材だよな?と廊下に寄せてリビングのドアを閉めて、
しばらくたつと、喉が詰まった感じがなくなる。
やっぱりそうか。
起きて暮らしてる時はもちろん、寝てるときも大丈夫かって事は
とっても大事だ。
床材は特に。寝てるときは、横になってすぐ下にあるから、
床材の体への影響は大きい。

建材テストどんどん進めたいけど、喉痛の原因を見つけないと。
寝室。うーん。寝具を色々買い足したことが、原因だろうか?
(もちろん安全と思われるもの)
一度痛めると、過敏症の症状もそこに集中しやすいらしい。
ご近所のゴミ燃やしもマスクをしてても、最近は喉に来る。
うがい・鼻うがい・マスクなど出来る対策はして、何とか現状維持。
せめて家の中の環境だけでも整えなおそう。

楢材はとりあえず候補で、また日を改めて試してみようと思う。
スポンサーサイト
12月末から1月はじめの話し合いで、間取りが完全に決まりました!
なんだかすっきり(*^-^*)おめでと~!おめでと~!!
希望が通って、かなり気に入ってます♪
まずは、大きく1つ進みました。

小さな我が家。素敵な家になるといいな(^-^)

間取りをスキャナで取り込んで、アップしたいけど、
まだスキャナ使いこなせてないのです。
なので、いつかきっと!

これからは一番過敏症患者にとって大事な素材選びと確認です。
これはずっとやってるけど、なかなか進まない。
体調の良い日にしかできないし、一つずつしかできない。
チャレンジテストをしたことで体調を崩したり…
同じ素材でも慎重に慎重に何ヶ月にも渡って、
もう一度試したりってことを繰り返しています。
明らかにダメな素材は省いて、大丈夫そうな中で
更に吟味している状態です。
体調を崩せば家事・育児がおろそかになるし、なかなか難しいです。
でも、カタツムリペースでも確実に進めて行きたいです♪

担当のHさんが床に貼るタイルを持ってきてくれたので、
体調を見て試したいと思います。
1月のある日、朝起きたらいつになく喉が痛い。
ん?何でだ???

布団の周りを見回したら、お~!何故か樺(カバ)材が!
息子(1歳)がえっほえっほと運んできたと思われる。
やっぱり樺材はダメみたい。

化学物質過敏症になって、慢性的な喉の痛み。
体調万全な時も寝て起きた時は、必ず喉が痛い。
と言っても、ほとんどはたいしたことなく、
あれ?風邪の引き始めかなってくらいで、
日中活動してるうちに治っちゃうんだけども。
寝室の環境をもう一度見直さないとダメかも。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。