無添加住宅を建てて5年が経ちました。はじめてこのブログを読む方は、必ず、「はじめての方へ」をお読み下さい。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
以前紹介した「夢の扉」が延期になるようです。
無添加住宅社長の秋田憲司さんが出演します。
化学物質過敏症の人でも住める家を作ろうと頑張ってるということで、
紹介されるようです。
無添加住宅では、過敏症仕様の一戸建てや、
無添加リフォームなど行っています。

私も、今無添加住宅の正規代理店で建築をお願いしています。
(元気に住めるといいなぁ♪)

7/2(日)
夜6:30~、6チャンネル(TBS)
番組名は「夢の扉」です。
スポンサーサイト
更新が遅くなってしまいました。
6/10、無事上棟式が終わりました。
やっとここまで来て、ホッとしました(^-^)
たくさんの大工さんが、棟上に来てくれました。
お義父さん、お義母さんも見に来てくれました。

クレーンで木材を上げたり、
2階部分をつかまらずに、普通に歩いていたり、
とにかく、「かっこいい!」って感じでした。
かっこいい大工さん達


ただ残念だったのは、皆さんタバコを吸っていたので、
全く交流が出来なかったこと。
近づくことすら出来なかった(--;)

木材の臭いと、クレーン車の排ガスと、
タバコの臭いが入り混じって、ものすごい空気。
離れたところで、車の窓を閉めて、見ていました。
車で待機


途中少し体調が悪くなり、
近くの公園にいい空気を吸いに行きました。

上棟式の時も、呼ばれて行ったら、
タバコをくわえた方がいて、条件反射で逃げました。
そろそろ大丈夫かな?と戻ったら、なんと始まっていて、
ちょうど乾杯のところでした。
私の乾杯のお酒ない…。
お酒、塩、お米もまいてしまった後でした。

上棟式に来るために体調を整え、今住んでる家のご近所の
シロアリ駆除塗布もたまたま延期になり、
とても楽しみにしていた、上棟式でした。
自分の家の上棟式なのに、とこの日ほど
自分が化学物質過敏症だということを情けなく思った日は
ありませんでした…。
職人さん達の事も全然ねぎらえていないし…。

化学物質過敏症で、上棟式に参加しようと思ったこと自体、
ハードルが高すぎたのかもしれません。

担当のHさんが、上棟式前に、化学物質過敏症についての説明、
私がタバコが苦手という事を職人さん達に一生懸命
説明して下さったようです。
逃げて戻ってきてから、タバコの臭いはしなかったので、
思い出した職人さんがやめてくれたのかもしれません。
また、排気ガスについても私が外にいるときには、
Hさんがエンジンを止めるようにお願いしてくれたり、
風向きも考えて、アドバイスしてくれたりしました。

本当に担当さんにはお世話になりっぱなしです。
Hさんがいるから、ここまで来ることが出来ました。

その後相談したところ、建築中は、敷地の隅に灰皿を置き、
建物内完全禁煙として下さるそうで、安心しました。

残念な点もあった上棟式でしたが、
少しでも参加でき、無事上棟できたので、良かったです(^^)





お義父さん、お義母さんが3日くらい前から
石鹸シャンプー、無添加石鹸を使って、
洋服も水洗いしてきてくれたので、上棟式前に家で
同じテーブルを囲んで、マスクをせずに一緒に食事を
食べられて、嬉しかったです(^-^)
(最近、室内では、家族以外の人とマスク無しで
過ごすことが辛くなって来ていて、
次の日、寝込むことが多く、すっかり来客が減ってしまいました。)
私は化学物質過敏症(CS)の患者です。
電磁波は感じることはありますが、症状が出ることは
今現在はほとんどなく、電磁波過敏症(ES)ではないです。

ただ、色々話を聞いたり、本を読む中で、
「電磁波」が知らず知らずのうちに体に影響を与えていることを知り、
予防のためにも、新しく建てる家でも電磁波対策をする事にしました。

これから地上波デジタルになるし、電磁波の影響は
増えていくという話しですね。
携帯電話も電磁波が懸念されていて、子供に持たせないように
規制されてる国もあるのに、日本は逆に防犯という面で
携帯電話を推進しているように見えます。
化学物質同様、早くみんなに気がついて欲しいです。

電磁波については、まだまだ勉強不足ですが、
家が行う対策について、少しずつこのブログに載せていきたいな、
と思っています。

オールアース時代がやってくる
←オールアース住宅を考えた(株)レジナの土田さんが書いた本です。
この記事に私なりの感想をまとめました。
私が建設をお願いした代理店では、最近、
第三者検査機関に家の建設のチェックを依頼しているようです。

家も同様で、IDとパスワードを教えて頂いて、
HPで確認してきました。
写真などたくさん載っていて、チェックしたポイントが
書かれていて、こういうことが大事なんだなと勉強になりました。

せっかくなので、お義父さん・お義母さんにも見てもらいました。
ネットって本当便利ですね(^-^)

元々信頼してお任せしていた建築でしたが、更に安心感が増しました!

5/29
はじめて工事中に見に行きました。
重機が動いてましたが、ウィンドブレーカー、帽子、2重マスク、
耳栓で、なんとか見ることが出来ました。
(すごく怪しい格好かも・笑)
途中、空気が辛い時は、車に避難したりしました。
その後数日、排気ガスに過敏になってしまったので、
気をつけなければいけないですね!

工事の方々にもお会いできて、良かったです(^-^)
皆さん、感じのいい方でした。

基礎コンクリ&アンカー

この間の針金の上にコンクリートが流し込まれ、
アンカーが固定されています。


アンカーチェック!

こりすくんのアンカーチェック
「よし、ばっちり!」
5/29念願の埋炭です☆


炭ポット

まずは、陶器でできた炭のポットを埋めます。
これは、敷地内に5箇所埋めます。ここは、ちょうど敷地の中心です。
中心と四隅に埋めることで、結界を張るそうです。
(この辺のことは、私にはよく分かりません・笑)


炭ポット・アップ

これは炭ポットのアップです。


エントレ炭・出すところ

エントレ炭を袋から出して、


エントレ炭・埋設

炭ポットの上に、4袋埋めました。


エントレ炭・埋設後

掘った土を戻して、こんな感じになりました。

自分たちで掘ったらものすごく大変なので、
重機でやってもらえて、とても助かりました(^-^)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。