無添加住宅を建てて5年が経ちました。はじめてこのブログを読む方は、必ず、「はじめての方へ」をお読み下さい。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
化学物質過敏症の症状だけを考えれば、もちろん使わない方がいいけど、
でも、家を長持ちさせるためには、使った方がいいものもあります。

無添加住宅では、過敏症使用の場合、原則防水紙を使わない
という事ですが、家の場合、使わざるを得ないようです。
(これは、屋根の勾配に関係しているとの事。)

秋田さんに相談したところ、アスファルトを吹き付けた
防水紙は過敏症の人はやめた方がいいけど、
シリコン撥水加工のものは、比較的安全との事。
サンプルを頂いたら、壁の中に使う分には全然大丈夫そうな
感じでした。(私の場合)

屋根には、釘を入れたらしまるという、屋根用の防水紙もあって、
もし使えれば、という事でサンプルとMSDSを頂きました。
(つまり、釘の穴から水が漏れる事があるという事です)
現場監督さんや大工さんとしては、家自体が心配なので、
出来れば、これを使いたいという事でした。

ところが、サンプルはあるだけで頭がボーとしてきて、
自分が何を考えてるのか、言葉が出てこなくなってしまう状態。
MSDSを見ても、うーむという感じでした。
内装ではないので悩みましたが、色々相談した結果、
釘穴がしまる防水紙ではなく、
屋根にも壁と同じ、シリコン撥水加工の防水紙を使う事になりました。

体に優しいのが一番だけど、それでは家として成り立たなくなってしまう。
せっかく建てた家が長持ちしなければ、困ってしまいます。
まだまだ建設途中で、悩む部分もありそうです。
旦那や代理店の方と相談したり、色々調べたりしながら、
体に優しくて、なおかつ出来る限り長持ちする家、
ベターな家、そして出来ればベストな家を作って行きたいです(^-^)
スポンサーサイト
それから、これが断熱材の炭化コルクです。
炭化コルク


床下に入れた炭化コルク。
床下炭化コルク


こちらは外壁です。炭化コルクは、まだ仮止めだそうです。
壁炭化コルク


竹あじろのサンプル。
過敏症仕様だと、壁内に竹あじろを使い、
その上に漆喰を塗る場合があります。
竹あじろ


ケイカル板。根太の上にのります。
ケイカル版


番外編。
いたずら書きは、棟梁さんと、こりすくんの合作です。(笑)
ケイカル版・落書き


マスクをしていればなんとか工事中もいられそうなので、
(工事内容によると思いますが)
またお仕事中に挨拶が出来ればな、と思います(^-^)

やっと棟梁さんともお話できて、ホッとしました。
本当、過敏症になると、ゆっくり、ゆっくりです…。



※ケイカル板
水酸化カルシウムと砂を主原料として板状に成型した耐火断熱材。
7/15
上棟式以来、久しぶりに棟梁さんに会えました。
旦那や私の体調が悪かったり、仕事の都合がつかなかったりで…
なんと約1ヶ月ぶりです。

上棟式の日には、ほとんどお話しできなかったので、
ゆっくりお話しすることが出来て、良かったです(^-^)
穏やかで、優しい感じの方でした。

家の方は、防水紙を貼って、屋根の石を載せているところでした。
こんな感じ。
屋根は2種類しかないのですが、うーん、
やっぱりもう1つの方が良かったかな???
屋根アップ


屋根の石のアップです。
屋根の石


全体はこんな感じ。
全体像


中から見ると…
中から見た感じ



写真の枚数が多いので、次の記事に続きます。
保留地だった土地が、無事登記されました。
これで、どこのローン会社、銀行にも
借り入れ申し込みができるようになりました。
(保留地の場合、受け付けてくれないところもあるので)

家が購入した土地は、市の土地区画整理事業のもので、
先月、やっと土地管理組合名義となりました。
それを今度は、個人名義に変えなくてはいけなくて、
手続き・書類作成等難しそうなので、
司法書士さんに頼む事になりました。

少し前までこの書類だったら、いくらと一律に決まっていたようですが、
今は自由競争になってるようで、手数料にかなり開きがありました。
(なんと倍くらい)
感じが良くて、良心的なお値段でやって下さる司法書士さんに
書類作成をお願いしました。

女性の方だったのですが、テキパキと話す感じが、
何ともカッコいい!!!
私とは全く違うタイプなので、憧れてしまいます。
その方と話す時は、電話なのに襟を正してしまうような、
ぴりっとした緊張感がありました。
今現在、私は専業主婦なので、こういう緊張感を感じられる事は、
なかなかありません。

化学物質過敏症のため、外出がなかなか難しいので、
全て電話と郵送でやり取りが出来るようにして下さったのが、
とても助かりました(^-^)

さて、どこで、ローンを組みましょう?
動向から目が離せません!!
6/25
中々工事を見に行くことが出来ず、上棟式以来、久しぶりに行ってきました。
枠組みだけだった屋根部分に木材がのったのと、
筋交いや、金具などであちこち固定されてました。

全体像

全体は、こんな感じです。


窓

トップライトもついていました。
(洗面所と浴室)


柱のカビ

柱にはところどころカビが(^^;)
屋根をのせる前に、梅雨に入ってしまい、季節も悪いですよね…
防カビ剤とか使わないから、余計なんだろうな…
体に安心なのは嬉しいけど、少し心配です。
秋田さんの話では、ヒノキは表面がかびても、
中までは行かないので、大丈夫との事でした。

体に優しいのは安心だけど、(そもそもそうじゃないと住めないですし…)
メンテナンスとかやはり気をつけなくてはいけなそうだな…と思いました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。