無添加住宅を建てて5年が経ちました。はじめてこのブログを読む方は、必ず、「はじめての方へ」をお読み下さい。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オールアース住宅仕様にしました。
オールアース住宅とは

化学物質過敏症(CS)の人の中には、
電磁派過敏症(ES)を併発する人がいます。
私は電磁派過敏症ではないですが(感じることはあります)
電磁派の影響を少なからず受けているのでは?と思って、
電磁派対策も取り入れることにしました。

オールアース(スパンボンド)①


オールアース(スパンボンド)②


スパンボンドという電気を通す布を貼ってアースすることで、
屋内配線の電場が吸収されます。


<電磁派測定>
電磁波測定


オールアース住宅のレジナの方が電磁派測定に来て下さいました。
アースしていないところは、100v/mを超えるところも。
アースしているところは、かなり低い値でした。
25v/m以下だったら大丈夫とのレジナの方の話。
いづれも25v/m以下でした。

一番びっくりしたのは、(アースしていない柱には)電場が存在して、
それを触った私の体にも電気が流れていること。
数値を目の前で見て、びっくりしました。

電磁派対策をした事で、体調に良い変化があるといいのですが…
電場が少ない環境を体が覚えるので、
他の家などに行った時、電場を感じることはあるだろうとの事でした。
スポンサーサイト
今住んでる家は社宅なので、照明は備え付けのものです。
普通にプラスチックの部品が使われてるものです。

化学物質過敏症になって、ダイニングの照明をつけると、
体がぐったりしてとてもそこにいられないので、
電気の傘を外して使っていました。
(私はプラスチックは比較的大丈夫ですが、
温まると途端に苦手になります。)
裸電球


多少ましになるものの、それでも疲れるので、
滅多に電気をつけることはありませんでした。

新しい家では、気をつけて照明を選ばなければと思って、
選んだのがこれ。
オーデリック 住宅用 照明器具 OC006656 シャンデリア 【保証あり・送料無料】

元々は代理店の方が、私の体に合うものをと話してくれて、
オーデリック(照明メーカー)にプランを立ててもらった中に
入っていたものです。
素材は、鋼板(ホワイトブロンズメッキ)と乳白ケシガラスです。

ただ、何かとお金のかかる過敏症仕様。
照明・カーテンはお得な施主支給を利用することにしました。

一気に頼んで全部使えなかったら非常に困るので、
写真の照明1つだけ頼んで、今家でテストしています。

取り付ける前に、照明器具や電球を一通り拭きました。
眩し過ぎるけど、ぐったりしたり、具合が悪くなる事は
今のところないかも?
(化学物質過敏症になると、音や光に敏感になることがあります)
前の照明器具に比べたら、ずっと体が楽です。
電球のままで調光機能をつけてもらおうかと検討中です。

または、電球型の蛍光ランプにするか?
蛍光ランプは電磁波的に心配でしたが、レジナ(オールアース住宅)
の方の話によると、1m以上離れていれば、心配ないとの事でした。
とりあえず、蛍光ランプを買って、照明に入れ替えて
試してみようと思います。
一番大事なのは、自分の体がどう反応するか?って事だと思うので。

ちょっとずつですが、色々進んでいます。


※調光機能をつけると、蛍光ランプは使えなくなるようです。
棟梁さんは全くタバコを吸わない方。
タバコを吸う方がいる時は、「外で吸って下さい」と
棟梁さんがお話しして下さってると聞いて、本当に感謝です!

…とは言え、そろそろ内装に入るので、様々な職人さんの出入りがあり、
棟梁さんが不在の時もあるかもしれないので、
禁煙ポスターを作って、1F・2Fとそれぞれ一ヶ所ずつ貼らせてもらいました。
建物内禁煙ポスター

今年は長梅雨でした。
家の着工は5月G.W.明け。
梅雨に入る前に、防水紙はまだ貼っていなく、屋根ものっていなくて、
木の柱はすっかり雨で濡れてしまいました…。
防水紙自体何を使うのか、というのを
急遽話し合うことになり、すぐには決まらず、
それで遅れてしまったというのもありました)

そうこうしてる間に柱にカビが生えてしまいました。
柱のカビ

写真は中でも一番ひどくカビてしまった柱です。

防カビ剤はやっぱり使ってないんだなと、安心した反面、
やっぱりカビは心配です。
そして、相談した結果、柿渋を塗ってもらう事になりました。
ヒノキの柱は、カビが生えても柱の中にまでは広がらないという
話しを秋田さんに聞いたりしました。

防カビ、防腐剤を使っていない、化学物質的に安心な家。
やはりその分、カビなどのリスクは考えなくてはならないですね。
同時期に建てた他の家でも、カビは出ているようです。

色々な理由があり、なるべく早めに着工を!と思っていたのですが、
梅雨明けまで待っていれば、ここまでひどくカビは生えなかったかもしれません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。