無添加住宅を建てて5年が経ちました。はじめてこのブログを読む方は、必ず、「はじめての方へ」をお読み下さい。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日は引き渡し前の点検でした(^-^)

養生をはずした床を見るのは、はじめて。
照明もついて、とってもいい雰囲気で、ため息が出るくらい素敵でした
☆☆☆(自画自賛・笑)

水(除湿機の水)をこぼしてカビてしまった床があったり、
自然素材は、やはりなかなか難しいですね。
(床材は、交換してもらえるとの事です)
住んでからも気をつけて、大事にしなくてはと思います。

扉が閉まらないところもありました。
無垢の木材は伸縮するからとよく聞きますが、この事か~と思ったり。
漆喰が完全に乾いたら、また調整してくれるという事でした。

やっとここまで来たか~とホッとした気持ちです。
夫婦の寝室は特にいい空気で、安心しました。
子供部屋は、あとからモルタル・漆喰を塗った部分があるからか、
まだ空気が少し辛かったです。
全体的にまだまだ換気&乾燥をした方が良さそうですが、
寝室の空気の良さにホッとしました(*^-^*)

まだ残工事がありますが、一段落して良かったです。
家族全員が体調を崩しているので、少しずつ片づけをしながら
ゆっくり休憩したいと思います。

落ち着いたら、出来上がった家の写真を
少しずつアップしていきたいと思います♪
スポンサーサイト
最後まで悩んでいた住宅ローンですが、
結局3社で本審査をしてもらい、10月の金利が決まって、
そのうちの1つに決まりました。

この間の週末、金消契約も無事終わり、ホッとしました。

火災保険も契約して、着々と色々な事が進んでいます。

ローンの事は、時間が出来たらまた書いてみようかなと思っています。
家族で記念の手形を押してきました。

<左官屋さんが手形を押す枠を作ってくれています>
階段・漆喰

階段・リビング・2F廊下の漆喰は、緩やかな扇形で塗られています。
打ち合わせのイメージ通りになるよう、何度も塗って下さったみたい。


<手形の周りにちりばめる、ビー玉をたくさん買ってきました>
ビー玉・たくさん



<旦那がこてでビー玉の周りを押さえています>
こてで修正中



<☆手形完成です♪♪☆>
手形・完成(^-^)

左から私、娘、息子、旦那です。
右下に日付も入っています。


<トイレの飾り棚にもビー玉を入れてみました>
(こりすちゃん(娘)と私作)
トイレ飾りだな



<イカ君アップ>
イカ・アップ



<ハリセンボン君アップ>
ハリセンボン?アップ

イカ君とハリセンボン君の周りは左官屋さんが補強してくれるそうです。


左官屋さんのお茶目な提案で、こりすちゃん(娘)の足あとも
家のどこかにこっそり残されています(笑)
(実は、旦那もその事実を知りません)
遊びにいらした方は、是非探してみて下さいね(^-^)
5月G.W.明けから始まった家の工事。
長いようで短い、大変だけど、充実した期間でした。
(もっと大変だったのは、工事に携わっていた方だと思いますが…)

予定では、今月末には完成して、引渡し。
その後、ワックス(柿渋など)を塗って、
キッチンのコーキング(メリケン粉パテ)をやってもらって、
ワックスが乾いたら引越しとなります。

引越しはまだ日にちは決めてないですが、12月の予定です。
またまた忙しくなりそうです。

家の方もここまでこだわってきたので、
最後まで気を抜かずに頑張りたいです(^-^)
エイエイオ~!
照明(ライト)を全部決定して、発注しました。
前に家でテストしたオーデリックのものです。

私たち夫婦はあまりデザインにこだわらないので(笑)、
素材だけこだわって、あっけないくらいすぐに決まってしまいました。

ただ、照明プランを考え始めたのが3月だったので、
途中でオーデリックの商品の入れ替えがあったようです。
たまたま商品番号が変わっただけで、全部希望のものが揃ったので、
良かったです(^-^)v


※オーデリックの中でも素材が比較的安心なものと、
そうでないものがあります。
他のメーカーでもそうだと思います。
過敏症の方は個々にテストして下さいね。
無添加住宅の現場で働く皆様へ

     ↑
現場監督さんが作って下さって、現場に貼ってあります。


―無添加住宅の現場で働く皆様へ―
当現場は体に良い住宅造りを行っております。
下記の事項、厳守お願いいたします。

1.建物内はすべて禁煙です。
建物外の所定の場所にて喫煙お願いいたします。
2.毎日作業完了後、清掃片づけを行ってください。
3.施工に際し、化学物質の含まれたものの使用について
ご注意ください。
4.近隣に迷惑がかからないよう、駐車場をご利用ください。
5.シックイ塗りが始まりましたら、湿度が100%近くになります。
施工時には換気を行い、作業完了時には除湿機の運転をお願いいたします。
朝、最初に来た方は、除湿機の水捨てをお願いいたします。
6.床・建具等、ムク材を使用しています。
湿気は大敵となります。ご注意ください。
7.工事に携わる人が気持ちよく仕事ができるよう、
住む人が幸せになれるよう頑張りましょう。


最後の「住む人が幸せになれるよう」というところが嬉しいです。
優しい現場監督さんらしい一文です(^-^)

家って本当は幸せな場所なんですよね。
心も体も安心して休める、くつろげる場所。
シックハウスになると、それがなかなか難しくなってしまいます。

本当、幸せに健康に暮らしたいなと思います♪
たくさんの方々の気持ちと、昔ながらの技術が重なり合って
作られている家だから、きっと大丈夫でしょう。
私も繰り返しチャレンジテストしたし。
うん。きっと大丈夫(^-^)v

今一度、この文章を読んで、幸せな気持ちになった私でした
家の契約書には特記事項として、次の事が書かれています。

「無添加住宅の素材が、りす様に不適合の場合、
本契約は無効といたします。
CS患者様が無添加住宅にお住まいになることにより、
症状が治ることは保証されるものではありません。」

無効になるのは、もちろん、着工前の話しです。
(着工してしまえば、多大なお金や人手がかかるわけですから)
それまでの間に、自分でしっかり試してくださいという事なのです。
素材が大丈夫かどうかというのは、全て私の責任の下になります。
厳しいような気もしますが、それは当然の事だと思います。
そして、代理店の方は、チャレンジテストをする私に
全面的に協力して下さいました。

化学物質過敏症は、健康な方だったら気にも留めないような
微量の化学物質で体調不良を起こしてしまう症状です。
また、化学物質に限らず、天然のものでさえ、
反応してしまう事があります。
(例えば、殺虫成分を出しているひのき材など)
合成洗剤だけでなく、石鹸成分の物でさえ、
反応して使えない方もいます。
反応物質は人それぞれで、それによって引き起こされる症状も
またそれぞれです。

無添加住宅の素材は、新建材に比べれば限りなく安全な素材ですが、
それでも反応する方がいらっしゃると聞きます。
これは、様々なものに反応する、人によって原因物質が違う
化学物質過敏症の特徴から考えて、当然の事だと思います。

そうなると、判断するのは、化学物質過敏症の症状がある
本人にしか出来ないという事になります。

私の場合は、大阪と関東の無添加ルーム(過敏症対応)2ヶ所、
無添加住宅の一般のモデルハウス2ヶ所、
無添加住宅の一般のお宅1ヵ所(2回)を見学させて頂きました。
そして、過敏症対応の家が見学できなかった事から、
床材、タイルなど全ての建材のチャレンジテストをさせて頂きました。
それでも大丈夫かな?と不安なくらいです。

タイルを試す時は、「タイルは大丈夫なんじゃないですか?」
と言われました。
私も実際思いました。
しかし、試してみたら、大丈夫なものとそうじゃないものとあるんですね。
あとから聞いた話しだと駄目だったタイルは、
焼く時の温度が低かったんです。(1000度弱)

何を試したいかという事は、
過敏症の人本人にしか分からないと思うんですよね。
過敏症は考えもつかないもので、体調不良を起こすわけですから。
そして、疑問な点は、代理店の方や、無添加住宅の本社の方に
とことん質問して、教えて頂きました。

…とは言え、建築に関しては素人なので、
確認したつもりでも、どうしても漏れが出てしまいました。
実は着工後にも、抜けていたものをいくつかテストしました。
現場監督さんが色々気づいて下さって、
「これは大丈夫なの?」と必ず確認して下さったので、
本当に助かりました(^-^)
困った時には、一緒に考え、自分の事のように心配して下さり、
一緒に適切な素材が無いか、解決法が無いか
探して考えて下さった、現場監督さん。
設計の方は、換気や家具の事などでアドバイスして下さいました。
担当のHさんは、時には厳しく、時には優しく励まして下さいます。

過敏症というのは結構孤独です。
でも、相談に乗って下さる専門の方がそばにいる事は、
本当に心強いです。
過敏症という健康な方から見たら面倒な私に対し、
誠心誠意対応して下さる代理店の方々。
本当に、この代理店を選んで良かった!と思います。
家を建てるにあたって、信頼できる代理店やメーカーを選ぶという事は
必要不可欠だと思います。
出来れば、過敏症に理解ある方がいるところの方がいいと思います。
(家の場合、担当のHさんが詳しかったので、代理店の方々、
職人さんに過敏症について折を見て話して下さり、
皆さんが協力して下さるようになりました。)

実は、時々このブログを書いていて、怖くなる時があります。
(他のブログも一緒ですが)
「私が無添加住宅が大丈夫だった」と言うのは、
ただの一例で、全ての過敏症の方に大丈夫と言う訳ではないんですよね。
その辺りをこのブログを読んだ方が誤解されて、
家を建ててもし、住めなかったら…
そして、症状も悪化してしまったら…と考えると、
怖くて書けなくなりそうになる時があります。
私にはとてもその責任は取れないです。

でも、それでも、どなたかのお役にたてればと思って、
書いているのが現状です。

どうかこのブログを読んでいる過敏症の方々にお願いです。
家は本当に高い買い物です。
そして、家に健康に住めなくなると
体が休まらず、体調ダウンする事も考えられます。
(家自体が原因で、体調不良を起こす事も、十分考えられますよね)
このブログでの私の体験やテストを鵜呑みにせず、
どうか、慎重に慎重に、自分の責任の下でテストして選んで下さいね。

やれる事はやったので、私自身も建設中の家に
無事住める事を、今は信じる事しか出来ないです。
そして、今安心して住める場所のない方も、
リフォームをしたり、新築で家を建てたり、
また中古で安全な物件を探したりして、
いい家が見つかる事を祈っています。

最後にいつもお世話になっている代理店の方々に、
無添加住宅の本社の方々に、この場を借りてお礼を申し上げます。
先日担当のHさんに誘って頂いて、
いい家つくろう勉強会」というのに行って来ました。
ビーグッドカフェが主催している講座の第4回目です。
銀座吉水


午前中は、銀座吉水(勉強会・開催場所)の女将の
楽しく、ためになるお話。
そして、オーガニック・無添加のお食事を頂き、
吉水の宿を見学させて頂き、
午後は山田さんという方から家作りに関するお話しがあります。

実はこの講座、第2回の時から誘って頂いていたのです。
しかし、自然派の方が多いとはいえ、CS患者対象ではなく、
一般の方が来る講座なので、香水等自分がどこまで大丈夫か
不安でお断りしていたのでした。

でも、行く前からあきらめるのはやめようと、
今回は参加してみる事にしました。
完全防備して、会場は何とか大丈夫でしたが、
結局メンバーが変わり、香水のにおいに反応してしまい、
午後は途中で退室しました。
地下のホールは防音などのため、ホール仕様でしたが、
待たせて頂いた1Fの空気は、私にはとても楽でした。
(珪藻土を塗っているとの事でした)

最後までは聞けなかったですが、少しでも参加出来て良かったです。
第1回~第3回のレジメ、そして今回のレジメを頂きました。

家を考える時の多くの視点、シックハウスの背景、
自然素材の良さと使いこなし方などなど…
興味深い話題が並びます。
シックハウスの原因とされるものの中に様々な化学物質はもちろん、
「電磁波」も書かれていたので、電磁波の悪影響という事への
理解が広まってきているのが嬉しかったです。

山田さんの話しは、残念ながらほとんど聞けなかったのですが、
レジメを読んで、「無添加住宅」を選んで、
本当に良かったな!と改めて思いました。

「いい家」と言うと、漠然としてますが、
本当にいい家が建つといいな、と思いますし、
きっといい家が建つと信じています。
でも、それは決して、どこかからやって来るものではないんですよね。
特にCS(化学物質過敏症)になってしまった私は、
やはり自分が動いて、自分が試して、
納得していかなくてはと思うんです。

まだまだカーテン、照明、住宅ローン等、決める事がありますが、
ラストスパート、頑張りたいと思います(^-^)


吉水さんのお食事、とても美味しかったです(*^-^*)
ネット上で知っていた方にも、勉強会で偶然会えたのも
嬉しかったです♪♪
誘ってくださったHさんに感謝です!


☆私にとって無添加住宅はベストでしたが、
CS(化学物質過敏症)は大変個人差のある症状です。
無添加住宅に反応されるCSの方もいらっしゃると聞きます。
家はおそらく一生で一番大きな買い物で、
家から受ける影響は計り知れません。
「他の患者さんが大丈夫だったから」ではなく、
どうか、慎重に慎重にテストして、納得してから選んで下さるよう
改めてお願い致します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。