無添加住宅を建てて5年が経ちました。はじめてこのブログを読む方は、必ず、「はじめての方へ」をお読み下さい。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12月に引っ越してきて早4ヶ月がたとうとしています。

12月:引っ越してきてすぐ、ご近所でシロアリ塗布2回。
1月:こちらの幼稚園に入園。
2月:ご近所の別のお宅でシロアリ塗布。北里再診。
3月:幼稚園卒園。

そして4月、小学校入学。
本当にめまぐるしく約4ヶ月が過ぎていきました。

新しい家にも慣れ、こちらでの生活リズムも出来てきて、
家の中ではだいぶ快適に過ごせるようになりました。

そんな頃、地域の子ども会の会長さんが家に来て、
会合があると教えて下さいました。
禁煙というわけではなく、たくさんの人が集まる会に参加するのは
難しいのでは?と会に参加する事自体をあきらめていた私に、
「子供もこれからたいこに参加したり、友達を作っていくだろうし、
病気の事をちゃんと説明したほうがいいよ」と皆さんに説明する
機会を作って下さいました。
CS(化学物質過敏症)のパンフレットを配って、
皆さんに病気についての説明を、聞いて頂きました。
その後、パンフレット読んだよって声をかけて頂いたり、
私がいる時は窓を一緒に開けてくださったり、
香水をつけないで来てくれた方もいました。
話す機会を作ってくださった会長さんや、
協力して下さる皆さんに、本当に感謝です!

地域でたいこを教える会があり、こりすちゃん(娘)も参加する事になりました。
先生がタバコを吸う方なので、一度付き添ったら、
やはり体調を崩してしまい、
今後どうして行くか悩んでいるところです。

また、小学校では、お迎え当番、帰りの立証(子供を見守るため通学路に立ちます)、
全員参加の係りなど、思っていたよりも保護者が参加する事があります。
全てが強制ではないですが、やはりこりすちゃんも通っているので、
はじめからあきらめず、まずは工夫してやってみようと思っています。
多少の体調不良は覚悟の上ですが(^^;)
皆さんが私の病気を知っていてくれていて、
「体調悪い時には変わってあげるよ」と言って下さるのが、
本当にありがたいです。

実際参加して体調を崩す事も多々あるのですが、
それでもその中で何とかやっていこうと頑張って行けているのは、
全体的に見ると、やはり体調が上向き加減なのかも?
前だったら、きっとこりすちゃんだけを車で迎えに行ったり、
地域活動には参加せずに、日々の生活をぎりぎり過ごしていくので
精一杯だったと思います。

新しい幼稚園、小学校での生活、地域社会の中での生活、
色々な事が不安でしたが、皆さんの支えがあり、
なんとか過ごす事ができています。
皆さんに感謝しながら、私も甘え過ぎず、
自分の出来る事は積極的にやって行こうと思います。
スポンサーサイト
こりすちゃん(娘)が無事小学校に入学しました。
入学式に行ってから、学校が楽しみでしょうがないみたい!

元々化学物質に反応している事があった娘。
春休み中、私が空気悪いなという時ほとんどその度、
咳が出たり、目が赤くなったりしていたので、心配です。
(娘が気にし過ぎないように、言わないようにはしてるのですが)

入学前、学校にシックスクール対策をお願いしたところ、
・ワックスの変更と塗る時期の配慮(お休み中)
・除草剤は一切まかない
・殺虫剤(木の消毒)は今まで定期的に年3回だったが、
毛虫が発生するまでは、まかない。
また、発生した場合も、なるべく農薬を使わない方法で。
農薬をまく場合は、極力長い休み中にする
・換気をまめにする
・トイレの消臭剤→炭の消臭剤
(こりすちゃんがよく使うトイレのみ)
・やむを得ず化学物質を使う場合は、事前に連絡する

という事を配慮して頂きました。

こりすちゃんの場合、今はそんなにひどい症状ではないですが、
(咳・目の赤み・頭痛・ふらつきなど)
予防という意味でここまでやって下さる校長先生や、
学校の先生方に本当に感謝です!
教務の先生の
「子供は学校を楽しんだ方がいいから、子供には心配させないで、
私たち大人だけが心配しましょう」と言って下さった言葉が嬉しかったです。

今日から通常授業。
今朝咳が出てましたが、大丈夫でしょうか?
心配な事もたくさんありますが、
とにかくしばらくは学校を楽しんで、
お友達がたくさん出来るといいなぁと思います(^-^)
オールアース住宅を取り入れるにあたって、一番心配だったのは、
ES(電磁波過敏症)ではないのに、家の中が良い電磁波環境になったら、
より電磁波に過敏になってしまうのでは?という事でした。

この事の答えは、実はまだ分かりません。

引越ししてすぐ、一時レンジの電磁波に過敏になった時がありました。
(とは言え、ESには程遠いくらいの症状です)
引越し前まではリビングにおいていたレンジを、
引越し後キッチンにおいて、レンジを使いながら料理していたのが
原因かな?と思います。
言葉で言い表すのは難しいのですが、レンジを使うと、
とてもその場にはいられない感覚になりました。

その後、レンジを離して使うようにしたら、元の体に戻って来ました。
でも、相変わらず、コンセントを入れたままだと、電場を感じたり、
除湿機なんかもつけていると居心地が悪いので、
その部屋にいる時は電源をきるようにしています。

この時の事は、オールアース住宅にした影響なのか、
レンジを近くで使った影響なのかは分からないです。

今のところ、電化製品を置いていなく、
一番こだわって作った寝室が(これはCS的に)、
一番居心地が良いです(^^)
どの部屋も、より快適に過ごせるようになるといいな!
まだまだ家の環境や体調は良くなるんじゃないか~と
期待している今日この頃です。




無添加住宅―化学物質に対する反応
オールアース住宅―電磁波に対する反応

どちらも、住み始めたら、急激に回復!!という事はなさそうですが、
ゆっくりじっくり、回復に向かっていければな、と思います。
また体調に変化があったら、記事にしようと思います。

私はES(電磁波過敏症)の症状はないですが、
(電磁波を感じたり、少し頭痛がしたり、気持ち悪くなったりはあります)
電磁波もCS(化学物質過敏症)に影響があるのでは?と思い、
オールアース住宅を取り入れました。
オールアース住宅では、屋内配線の電場をアースします。

私はESではないので、ハッキリとした効果は感じられなかったのですが、
荷物を運び込む前、ここは居心地悪いなぁと思っていたところは、
電場の数値が高くて、自分の体に驚いた経験がありました。
(屋内配線アースは、住む部屋のみなので)

その後、引越しして荷物を運び込み、荷物や家具からの
CS的影響があるので、オールアース住宅に対する反応や感想は、
この時のものが、一番純粋で近いのではないかな?と思います。
ESの人が体験したら、もっとはっきり分かるのでしょうね(^^)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。