無添加住宅を建てて5年が経ちました。はじめてこのブログを読む方は、必ず、「はじめての方へ」をお読み下さい。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フラワーボックスを冬仕様にしました。

デモネ、困ったことに私ってパンジーが苦手で(>_<)
あの模様が、なんかね。
結構冬のお花売り場ってパンジーで埋め尽くされてる感じで。

そうなると色とりどりの花ってなかなか難し~って事で、
花期が終わってしまうの覚悟で、好きな花を選んでみました。


こんな感じ。
フラワーボックス

両脇の土のスペースには、チューリップの球根が眠っています。


大きくすると
フラワーボックス・左



フラワーボックス・右



ガーベラって昔から好きで(*^-^*)
それで、今回の一番のお気に入りは、フラワーボックス一番右側の「アワユキエリカ」
ピンクの小さいお花がたくさん。
他の花に比べてちょっと高めだったけど、な~んか存在が気になって購入。
日々草(写真前列)はもう終わってしまいそうな感じ。


フラワーボックスミニと柱の上はこんな感じ。
フラワーボックスミニとレンガマン

ゴールドクレスト、クリスマスが近づいたらちょっと飾りたいなぁとおもってます♪
ナデシコはまだ頑張ってくれてます(^^)
こちらも空いてるスペースにチューリップが待機中。

それと、もしかしてネット付きは初公開?
真ん中辺りにあるのが、家のキャベツとかのミニ畑です。


フラワーボックスの後悔は、植えるのは楽しいけど、家からほとんど見えない!
それが残念だなぁ。
たまに通る時に、よその庭のようにうっとり眺めていますほほえみ←オバカ
スポンサーサイト
息子の幼稚園のことで悩んでいたんだけど
目が覚める思いがしました。

密かに応援しているアレルギー児のママのブログがあります。
重篤なアレルギーの子なので、毎日代替のお弁当を作って、
明るく頑張ってるママの様子にすごいなぁ~とこっそりエールを(^^)

でも、やはり、幼稚園の行事への参加の仕方など悩んできたみたい。
自分の子供が参加できなければ寂しいし、逆に自分の子供を尊重してもらえれば
嬉しい反面、反対する他のお母さんの声もある。
(伝統的にやってきた行事を、自分の子供もできると思って楽しみにしていたのに等)
どちらにしても悩んでしまう気持ちは人事でなく、よく分かります。

でも、そんな記事を読んでいて、「はっ」と気がつきました。
今の私の状態は、今現在全くアレルギー症状がない子供なのに
「牛乳を抜いて下さい。アレルギーになったら、心配なんです」って
言ってるようなものじゃないか?と。
先生方が受け入れてくれないのは無理はないな…と。

やっぱり心配なのは心配なんです。
でも、他の子と同じように普通に接してもらうようにお願いしようか…と考え始めました。
その中で何かしらのはっきりした症状が出た場合、
その都度相談していこうかと思います。
小さい子達が集まる施設なので、敷地内禁煙だけはお願いしようかとは思っていますが…

そうなると一番の問題は私の体調なんですが、
(幼稚園から持って来た臭い等)
これはもうどこの幼稚園に通ってもあるものだと思うので、
バスを降りたらすぐに着替えるなどその時・その時で色々方法を模索していきたいです。

園長先生とお話しする機会を持って下さる事になったので、
考えをまとめて落ち着いて話しが出来たらいいなと思います。
気分転換に野菜の記事です(^^)
まずは、元気出さなきゃ。ねっ!


白菜です。美味しそう♪白菜を見ると、鍋が食べたくなります。
白菜アップ

助けがいるのかな?と思ったけど、白菜自ら巻いていきました。
巻いてくると、白菜っぽいなぁ(*^-^*)


ただ、全体を見ると、大変な事になっています。
白菜全体

穴だらけ~
6株中食べられそうなのは、今のところ半分くらいです。


キャベツも巻いてきましたよ。
キャベツアップ

ん?でも、何か言ってます。


狭いキャベツ

ん?


狭いキャベツ

きつきつです。
全体的にスペースが狭すぎたみたい。
次回に向けて畑のスペースを広げました。
キャベツは今のところ、虫さんにはほとんど食べられず、順調に育ってます♪


アスパラとセロリ

アスパラとセロリも周りの野菜ですっかり日陰です。


ブロッコリー
ブロッコリー

葉っぱだけわさわさ大きくなっていきます。
まだブロッコリーらしきものは見られません。
これでいいのかなぁ?
ブロッコリーだけは大きくて(高さが)あまりに狭そうなので、
防虫ネットの中にその部分だけ棒を入れて、高さを出してみました。

はじめての野菜作りは???ばかりだけども、
それがまた新しい発見があったり、ネットで調べてみたり、楽しいです♪
しかし野菜ってこんなに長い月日をかけて大きくなっていくのね~
早く食べたいなぁ!
二晩眠って、だいぶ元気になりました(^^)

4月からこりすくんが行く予定の幼稚園で、ちょっと色々あって少し落ち込んでました。

でもね、その幼稚園の先生達は本当にいい方ばかりなのです。
こりすちゃんの頃から、引っ越してきたら、絶対この幼稚園にしようと心に決めていたんです。

面接で「(化学物質対策が)何もなかったら本当に来ていただきたいのですよ」
と言われました。

それはたぶん、正直な気持ちなのだと思います。
私もこの症状がなかったらどんなにいい事か…と思います。
ただ、私が過敏症である限り、やはり空気については気になってしまいます。
子供に、私みたいなこんな大変な思いをして欲しくない。

こりすくんは赤ちゃんの頃に症状があったので、やはり心配はあります。
毎日過ごすところはできる限りいい空気であって欲しいなと思います。
ただ、私は過敏症であって、こりすくんは(少なくとも今現在は)そうでない。

まだもう少し考えて、気持ちを整理する必要がありそうです。
こりすちゃんにはかつて卵アレルギーがありました。
(今でも食生活に気をつけてはいますが、ほぼ良くなっています)

もう何年前でしょうか?
地域のパソコン講座に参加しようとした時のことです。
(当時は家でパソコンの仕事をしようと思っていました。)
自分は講座を受けるので、その間、こりすちゃんは託児に預ける事になります。
その頃は卵そのものどころかつなぎに使ってある卵もだめだったので、
おやつを家から持参しようと思いました。
すると、一緒に参加する人が言うのです。
「みんなと一緒のものを食べないなんて駄目だ。
他の子が欲しがったらどうするの?」と。
「少し多めに持っていくから、もし欲しがったら一緒に食べるようにするよ」と。
「そういうわけにはいかない。こりすちゃんも食べられるみんなと同じものが用意できないか
係りの人に聞いてみたら?」と。
たまたまその時には、出るおやつがこりすちゃんも食べられるものだったので、
みんなと一緒のものを食べる事になりました。

そんな事があってから、家だけ違うものを持って行くのは迷惑なのかな?と思うようになりました。
(今になって思えば、それが一番周りの人に負担がかからない方法なのですが…)

そして、お友達と遊ぶ時などこりすちゃんも食べられるものを用意してもらえるように
お願いするようになりました。
でも、それってどう考えても、やっぱり負担ですよね。
最初は快く手伝ってくれていた友達に、「アレルギーの子がいるお母さんは、
みんな頑張ってるよ。もし、食べられないならこりすちゃんの分だけ母親が用意するべき」と
言われました。

講座の時のお母さんが言う事も、一緒に時々遊んでいたお母さんが言う事も
どちらももっともです。
でも、二人が言っているのは正反対の事です。
何気無く言ってる事だったり、私のためと思って言ってたりするんだと思うんだけど、
結局二人の言う事を総合すると、アレルギーがある子はお友達とも遊べないし、
どこへも参加できないという事なのかな?と思い、行き場のない気持ちになりました。
(子供が集まるところにおやつはつき物ですしね。)

その後、何とかパソコン講座が終わり、家での仕事を希望していたので、
市立の保育園に電話をしました。
アレルギーのあるこりすちゃんを預かって欲しいという相談です。
今度は保育園の方に「アレルギーの子は責任を持てないので預かれない。
そういう子は家にいるのが一番いい」と言われてしまいました。

私も出産前まで保育士をしていて、アレルギー児を預かっていた事もあるので、
大変さや責任の重さは分かるんです。
実際、重篤なアレルギーの子は出来上がった食べ物はもちろん、
他の子と同じ鍋を使うこともできず、調理師さんは大変な苦労をなさっていました。
保育士も間違えたら大変と常に緊張がありました。
食事準備から午睡までは一番バタバタしているので、そのバタバタの中、
アレルギーの事を気遣うのは確かに大変でした。
(しかも、同じクラスに違うアレルギーの子が数名いたりします。
Aちゃんは小麦と卵は全てだめで、Bちゃんが牛乳がだめで、
Cちゃんは熱した牛乳は大丈夫だけど冷たいのはだめ。
卵はオムレツはだめだけど、つなぎに入ってるのは大丈夫とかそんな感じでした。)
複雑なので、慣れるまでは結構大変なんですよね。
だけど、それがその子の個性だと思ったし、私の仕事の一部だと思っていました。

そんな経験もあったので、保育園にまで断られるとは思わず、ものすごいショックを
受けていた時期があったんですね。




今、化学物質過敏症になって、周りの人に恵まれ、
ほとんどの方が私の病気を理解しようと耳を傾けてくれます。
本当に幸せな事だと思います。

でも、やっぱり私って迷惑なんだな…と感じる事も時々あります。
そんな時、こんな症状さえなかったら、きっと人間関係もうまくいくのにと
やりきれない寂しい気持ちになる時があります。

アレルギーもそうだし、化学物質過敏症もそうだけど、
やっぱりね、みんなと同じじゃないという事は
そうしたくなくても迷惑をかけてしまうんですよね。
どうしても負担になってしまうのですね。
うーん。やっぱりなんだかやりきれないや。

なんだか久しぶりに愚痴ってしまいました。
たくさん寝て、明日の朝起きたら、少し元気になってるかな?
最後まで読んでくれた方、ありがとう(^^)
きっと明日の私は、きっともうちょっと元気になってると思います。
火災保険の内容を確認してほしいというお手紙が来ました。
(割引制度があるので、実際より保険料を取りすぎてないか等)

久しぶりに家の建築関係の書類を引っ張り出しました。
立面図、間取り図、仕様書…
色々な書類を見ていたら、当時の事を思い出して胸が熱くなりました。

土地を買って、いざ家を建てようと思って住宅展示場をまわったら、
体の異変に気がついた事。
ならば健康住宅を!と思ったら、健康住宅と呼ばれるところでも
私の体に合わなかった事。
何より安心して建ててもらえるメーカーを探すのが大変でした。

私には木材アレルギーがあるのか?
(当時は化学物質過敏症のことを知りませんでした。)
わらにもすがる思いで、木材の断片を皮膚科に持っていった事もありました。
(今考えるととんでもないけど、当時は本当、必死でした。)

仮契約をした工務店がありました。でも、対応は十分ではありませんでした。
旦那も工務店の社長さんも、私が訴える症状を信じてくれなかった。
このままでは家作りが危ない。住めない家が出来てしまうかもしれない。
周りを説得するはっきりした診断が欲しく、北里研究所病院を受診しました。
結果は化学物質過敏症。
ショックはありました。でも、これで原因がはっきりしたという思いも。
対応のしようがあるというものです(^^)
工務店に過敏症だったことを伝えると、それ以来連絡が取れなくなりました。
その時は、何故?と行き場のない寂しさを感じましたが、
でも、今になって思うと、ある意味その工務店はちゃんと分かっていたのかも?
自分達が過敏症に対応できる力量があるかどうか?
過敏症の家を作るのは一筋縄ではいかない事。
その後悪化していった症状を思い出すと、やはりあの家には住めなかった。
今思えば、あれで良かったんだと思います。

そしてまた私達のメーカー探しが始まりました。
インターネットで調べていて、たまたま見つけたのが無添加住宅。
近くの代理店に連絡を取って、それから決心するまでも、
(無添加ルームや無添加住宅の家をたくさん見学させてもらいました)
契約してから実際に着工するまでも、
(一つ一つやった建材チャレンジテストにも長い時間がかかりました)
着工して出来上がるまでも(なんと7ヶ月!)
本当に本当に長い日々でした。

今安心して日常を過ごしていると、忘れてしまいがちだけど、
苦労した日々を、支えてくれたたくさんの人への感謝をずっと大事にしていきたい。
そんな事を改めて思いました。

もうすぐで引越しして1年。
あのころの私とは比べ物にならないくらい安心して、落ち着いて生活する事が出来ています。
この場を借りて、家作りに関わって下さった皆さんに、相談に乗って下さった皆さんに、
そして支えてくれた義両親と夫に改めてお礼を言いたいです。

本当にありがとうございます!
リラックスして、家の中でくつろぐ事ができている今は、本当に幸せです(^^)♪
カブを初収穫しました~ほほえみ
カブ初収穫!

まだちょっと早いかな?と思いつつ、どうしても味見してみたくて。
普通にカブだ~とちょっと感動(^^)♪
生のまま、子ども達とガブリ!美味しかった!


海鮮サラダ丼

これは最近はまってる海鮮サラダ丼。

作り方って紹介するほどでもないけど、(かなり邪道?)
1.小さく切った三つ葉と、お好みのお刺身とドレッシングをあえます。
2.どんぶりにご飯をもって、醤油をかけます。
3.ご飯の上に海鮮サラダをのせて、出来上がり(^^)

料理と呼んでいいのかどうか?(笑)
でも、忙しい時にパパッとできるので、お勧めで~す。
刺身を生臭がる旦那も、「これだったらさっぱり食べられるなぁ」と言ってました。
ドレッシングはゆずとレモンのさっぱりした物を使いました。
(上の写真は、サニーレタスを使ったものだけど、三つ葉の方が生臭さがとれて、お勧め!)


それと、初公開?のパセリちゃん。
パセリ

家の北側で勝手に育ってます(笑)
料理で必要になると、こりすちゃんがポキっと持って来てくれます。

本当にほったらかしなので、一度青虫?に全部食べられちゃったんです。
でも、それを抜かずに更にほったらかしにしていたら、これだけ大きくなりました。
土との相性や育てやすさはあるかと思うけど、植物って農薬とかまかなくても、
何もしなくても、強いんだなぁ!とこのパセリを見る度思います(^^)
私もそんな強い女になりたい(爆)
色々書いたら、もやもやしていたものが少しすっきりしました(^^)

「出来なかったら工夫して、
それでも出来ない事はあきらめる。」

化学物質過敏症になって自分自身に言い聞かせている事です。
(まぁ娘がスイミングをあきらめられるかどうかは別問題ですが…)

せっかくやるのなら、こりすちゃんが空手も楽しめたらなっと思います。
送り迎えくらいしか出来ないけど、母は応援しているよグー!
ゴーグルをし始めてからは、やはり目が赤くなることはあるものの、
ゴーグルなしのときに比べれれば、症状はましになっていました。

その後1ヶ月ほどして、消毒が塩素からマイオックスというオゾン系のものに変わりました。
マイオックスの謳い文句は、「人に優しく、強い殺菌力がある」という事。
優しいのに強い?なんだか矛盾しているな…と思いました。

色々調べてみると、良くない話しも。
(オゾン処理を行った水は、原水よりも2~3倍のアルデヒド、ケトン、ジカルボニル、
カルボン酸、アルド、ケトン酸、二トリルが検出されたとの事。)
→記事一番下のURLを参照して下さい。

まぁそれでも、百聞は一見(一感)にしかずで、
まずは体感してから考えようと思いました。

そして、結果は…ダメでした。
ダメだったのは私です。
今までに嗅いだ事のない異様な匂い。
理性では抑えられないくらいいらいらして、頭が痛くて、
例えようのない変な気持ちになってきます。のども痛い。
こりすちゃんは咳が出る程度でしょうか?
それと、目に刺激がないとの事でしたが、ゴーグルを外して水が入ると、
普通に目が痛いとの事でした。

通うのはこりすちゃんですが、まだ自分では通えないので、送り迎えをしなくてはいけません。
プールに入った水着も洗わなくてはいけません。
マイオックスプールの水着を室内に干すのは辛いです(--)
その後の生活にも支障が出る範囲だったので、こりすちゃんには申し訳ないけども
事情を説明しました。

塩素がいいというわけではありません。
でも、塩素はある程度正体も害も知れている。
まだまだ未知数のマイオックスへの不安は無限大です。
今はそんなにひどくなくても、体に蓄積していくものがあったら?

ちょうどシックハウス症候群が騒がれて、ホルムアルデヒドを中心に規制して…
企業はこぞってゼロホルムを売りにした。(ゼロは無理ですけどね…)
でも、結局シックハウスは減らなかった。
何故か?
結局ホルムアルデヒド以外の化学物質を代替品として使用したから。
そんな目に見えない気持ち悪さに似たものを感じました。




もしかしたらこうなるかも?ともどこかで思っていたので、
実は同じスポーツクラブでいくつかスポーツ体験をしていました。
そこで、気に入っていた空手を今度は習ってみない?と話してみました。

渋るこりすちゃん。
「もし、どうしてもスイミングが良かったら、塩素消毒のところを探してみようか?」
と提案しましたが、結局、今のスポーツクラブがいいとの事で、
渋々ながらスイミングの代わりに空手を習う事になりました。

私の過敏症のためにいくつ我慢をさせたでしょうか?
ずっとやりたがっていただけに、こりすちゃんの寂しそうな表情を見て、
一緒に切なくなってしまいました。


※塩素消毒とマイオックス消毒について
…マイオックス消毒より塩素消毒の方が反応しないのは私の場合であって、
塩素消毒の方が安全というわけではない事をご理解下さい。
消毒するという事は、不特定多数の人が入るプールでは必要な事で、
その代わりに、やはりそれなりのマイナスの部分があるのだと思います。
(この場合、多かれ少なかれ刺激があるという事でしょうか)
殺菌作用があるものは、やはり程度の差こそあれ、人にも影響のあるものだと思うのです。


<参考>
・オゾンによる水処理で生成する副産物

・ホルムアルデヒドとオゾン処理について
幼稚園の頃からずっとスイミングをやりたがっていたこりすちゃん。

ちょうど行きたいと言い始めた頃は卵アレルギーの真っ最中だったので、
肌が敏感なのが心配で、断念。

その後、アレルギーがずいぶん良くなったと思ったら、
今度は母(私)が化学物質過敏症。
塩素の臭いがするプールへの送り迎えはとても無理だろうと断念。

そして、ここ最近私の症状がある程度落ち着いて、
念願のスイミングに通い始めてました。
こりすちゃんは本当に楽しそう♪
潜れるようになって、浮けるようになって、けのびもバタ足もちょっとだけ出来るようになって(^^)
少しずつ泳げるようになる事が、気持ちよさそうで、楽しそうで。
私も塩素臭いなと思いつつ、なんとかなる範囲の症状でした。

ただ、こりすちゃんも化学物質に敏感で、やはり塩素の影響は受けていました。
スイミング直後に目が赤くなるのは、結構誰でもあると思うんだけど、
その後数日も粘膜がやられてるのか、ちょっとした刺激で赤くなってしまって。
スイミングは週に一回通っているんだけど、1週間経っても目が赤くて、
結局次の時はお休みしたりって事もありました。
覚悟の上での事だったのだけど…
担当のコーチに相談して、初級の子はゴーグルはかけないんだけど、
ゴーグルをして泳いで、様子を見ることになりました。

こりすちゃんは化学物質に敏感なところがある。
化学物質を避けるのも大事。
でも、それだけじゃなくて、スポーツをして、体を鍛えたり、汗を流すのも大事。
でも、何かスポーツをしようと思った時、
たとえばテニスはテニスコートの周りに除草剤が使われていてNG。
ジムのような室内は、床板の問題だったり、ワックスだったり、
プールだと消毒が行われている。
葛藤はありました。
でも、どこにも危険があるのなら、まずはずっとやりたがっていたスイミングをやらせてみよう。
他の子と多少違っても、参加できる形でやらせてもらおうと…
それでもダメだったらあきらめようと。

ちょうど相談したころ、これから消毒が塩素から安全なものに切り替わるからという
コーチの話しでした。
消毒が変わる事で、良い方向に進むかも?と淡い期待を抱いた私だったのでした。
洗濯機がかびて、かびて…がーん

石けん系の洗濯層クリーナーを使っても、とりきれていない感じ。
今は掃除後、洗剤やEMWを使わなければ、なんとかなるけど、
それらを使うとまたカビが出てきて…
前もって汚れのあるものは石けんで手洗いして、
洗濯機は水洗いのみという感じ。

購入して8年くらい経つので、そろそろ買い替えかな?と思ってます。

新しいものの購入、しかも大きいものは失敗が痛いので、なかなか悩みます。

最近は抗菌ブームで、抗菌していないものを探すのが難しい。
まずはダメ元で、メーカーさんに「古い型でもいいので、抗菌していない製品があるか?」
を確認しているところです。
(化学物質過敏症のため、抗菌・殺菌・殺虫・防虫成分など含まれているものが苦手です)

穴なし槽の洗濯機とかひかれるんだけどなぁ~
高い買い物だし、水洗いだけなら何とかなっているので、
情報収集してゆっくり選ぼうと思っています。

しかし、出費が続くな~ぴかちゅ
ついでに、この間修理に出したばかりの浄水器が、もう調子が悪いのです。
フィルターも4個全部、モーターまで変えてもらったのに~!
変な音がするから、またモーター関係かな?
ひどくなる前にもう一度修理に出さなくては…。
先日、カキフライを食べた日に柿を食べました。

カキフライと
カキフライ



柿


柿は近所の方から頂きました。
ご実家でいくつか無農薬果物を作っていて、
時々おすそ分けを頂きます。

秋を満喫(^^)幸せでした♪
Uさん、ありがとう!
ご近所でシロアリ駆除剤塗布がありました。
シロアリ駆除剤が一番苦手な私。
5年間有効=強い薬(殺虫剤)なので、ダメージも多いみたい。

6日ほど家にこもっていて、久しぶりに庭を見回したら…
がーーーーん(>_<)
花が枯れていました(涙)
一応、旦那様には水やりをお願いしてたのだけども。


きれいな頃の外構&お花の写真で~す。
外構写真もアップしそびれていたので、ちょこっとアップ。

◆入り口付近◆
外構・レンガマン


◆フラワーボックス◆
フラワーボックス・秋


◆フラワーボックス・ミニ◆
フラワーボックスミニ・秋



しくしくしく…んー
可愛がっていたのに…

…と悲しんでいたのもつかの間。
新しい冬向けの花を買ってきました。
ついでに関係ないのに、豆の苗もゲット!(めげない私・笑)

水がある程度必要ない花を選んだほうがいいかもな~
かなり奮発して買ったリンドウは、水をたくさん欲しがるらしく、
一番に枯れてしまいました。
地際から切ると、うまくいけば来年も育って花が咲くかも?
との事なので、思い切ってちょっきん!

そうそう…ちょこっと前にチューリップの球根も植えました。

まぁマイペースでいきまっす♪
換気扇については気をつけて選んだのですが、盲点は窓でした。
窓は、本当にノーマークだったのです。
(サッシの種類を選んだのと、防犯上と暖かさを考えて、
ペアガラスにしたくらい)

窓は種類によって、かなり密閉度が変わってきます。

お風呂場に使ってあるルーバー式の窓は、完全に閉めていても
かなり外気が入ってきます。
逆にがっちゃんと閉めるタイプの窓は、かなり密閉感があります。

これは住み始めて外気が悪くなった時に、
それぞれの窓のそばでの外気の浸入度の違いを感じて気がつきました。

もし選び直せるのなら、密閉できるタイプが良かったなと思います。
(ルーバー式の窓も長所があるので、空気の浸入度という
点だけで選んだ場合ですが)

…しかし、それはもう今になっては難しいので、
前もって新築工事の予定などが分かっている時は、
それぞれの窓の特徴に合わせて対策を行っています。
たまたまこのブログの検索キーワードを見ていたら、
「シンゴン」で調べてきてくださってる方が結構いらっしゃるみたい。
チャレンジテストのレポートが途中になってる事に気がついたので、
かなり遅いですが…床材について書こうと思います。

結局床材・建具はほとんどが☆材、(事情があり、伏字にしています)
寝室のみシンゴンを選びました。

チャレンジテストではシンゴンが一番良さそうでした。
それなのにシンゴンの割合を多くしなかったのは、
無添加ルームや無添加住宅のお宅を見せて頂いた時、
当時は全てが☆材だったからです。
シンゴンの部屋というのを建築前に見られなかったので、
これだったらたくさん部屋にあっても大丈夫という
確かさがあった☆材を多く使いました。
(床材一枚だったら大丈夫だとしても、
たくさんになると駄目になる場合があるので)

保険として一種類だけでなく、大丈夫そうだった
シンゴン部屋を一部屋作ってもらいました。

結果としては、私の場合、シンゴンの部屋が一番空気が良く、
気に入っています(^^)
元々の部屋の空気質+寝室で物がほとんどないので、
一番居心地がいいです。

ただ、個人差のある化学物質過敏症。
何人かの過敏症仲間が遊びに来たのですが、
「シンゴンの部屋はとても耐えられない(苦手)」と
いう方もいました。
逆にここ(シンゴン)が一番いいかな?という方もいますし。

本当人それぞれなので、自分の体の感覚を研ぎ澄ませて選ぶのが
一番大事なようです。
このブログのタイトルは「いい家建てよう(^^)」
無事安心して住める家が建った今、日々の生活日記となってます(笑)

野菜作りにはまってる今日この頃。
必然的に内容は、なんちゃって菜園が中心に。
ブログのタイトル変えよっかな~なんて。




実は本当は、家作りの事や外構工事の事など
まだ書こうと思ってる事がいくつかあって。
書きたいとな思いつつ、家の事は書くのが難しくて。
追々ちょっとずつ書き足していこうと思います。
10月はじめに種を植えました。
無農薬&無肥料で育てています♪

にんじんと大根とカブ。
レンガマンと発芽ポット

にんじんだけ何故か発芽率が悪かったです(^^;)
(発芽ポット真ん中)


その後、成長の良い苗を植え替えて…ちょっと成長した様子。
根菜畑

大根だけものすごく元気!
小さ~くカブとにんじんがあるのが分かるかなぁ?
写真の奥の方です。
(写真をクリックしてみて下さいね。)


こちらは、野生児のカブちゃんたちです。
カブ

実は子供が種を大量に地面にこぼしてしまい、
めんどくさいのでそのまま埋めてしまいました(笑)
かなりの量の種だったので、何度か間引きしました。
小さい葉っぱなのに、結構虫が頑張って食べたみたい(^^;)


カブ・アップ

こんな感じでカブらしきものが見えてきて、かなり嬉しいです(*^-^*)


これはある日の収穫。なす・セロリ・キャベツの外側の葉っぱです。
収穫・なす・セロリ・キャベツ

セロリは苦かった~との旦那の話でした。


なす・アップ

なすは何故か最近、おしりの方がこんな感じになってしまう事が多くて…
はじめの頃は全体がきれいな紫色なのに何でだろう?

大抵の野菜は適当栽培でも無農薬・無肥料でもちゃんと育ってくれて、
植物の生命力ってすごい!!って思います(^^)
どんどん野菜作りにはまってしまって、元々狭い庭なので、
庭が野菜で埋まってしまいそうです(汗)
家の中で何ヶ所か見て頂きたいところがあって、
久しぶりにハウスメーカーの方にメンテナンスに来てもらいました。

久しぶりに…というのは、実は前から頼んではいたのですが、
ご近所でまた新築工事があり、シロアリ駆除剤塗布が終わるまで
待ってもらったり、メンテナンスの予定が決まっていたのに、
近所の工事が入って(避難しないといけないので)延期してもらったり…
そんな感じで、ずいぶん久しぶりになってしまいました。
お忙しい中、予定を合わせて下さる現場監督さんに感謝です!

今回は、現場監督さんと社員のSさんと二人で来て下さいました。
家に入る前に着替えて下さって、本当に助かりました。

そして、ずっと気になっていた箇所が直り、ホッとしました。
もう少しで1年たつので、床下も見て頂いたら、
「全然問題ないですよ!」との事で、安心しました(^^)
何点かメーカーに確認してもらう事と、
職人さんでなくては直せないところがあり、また後日という事になりました。




担当のHさんが10月末にハウスメーカーを退社されました。
本当に残念で、ずっと言葉に出来ずにいました。
一つ言えるのは、Hさんの励ましや協力があったからこそ、
ここまで来れたのだと思います。
準備段階から家を建て始めてからもずいぶん長い時間がかかりました。
退社は涙が出ちゃうくらい残念ですが、
無事家を建てるところまで見守ってもらえて、良かったです。

今度は私がHさんの幸せをそっとこちらから祈りたいと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。