無添加住宅を建てて5年が経ちました。はじめてこのブログを読む方は、必ず、「はじめての方へ」をお読み下さい。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
作りたかったけど…悩んで悩んで、最後にはあきらめたのが和室です。

大量の農薬が使われている畳が一番の心配の種でした。
そこで、無農薬畳を作っているメーカーに問い合わせをしてサンプルを取り寄せましたが、結果はなかなか難しそうでした。(無農薬であっても、井草そのものの臭いが苦手だったり、、サンプル全体に反応していました。詳しい原因は分からないのですが…)干して少し臭い等が落ち着いたとしても、無農薬であると、次に心配なのが害虫。そして、畳の問題をクリアしたとしても、私が建築した当時、無添加住宅は洋室仕様だったので、和室用のふすまなどがありませんでした。無添加住宅以外のモデルハウスには全て反応してしまっていたので、体に合ったふすまを見つける事は難しいだろう。

…等々様々な事を検討して、結果的には全部屋洋室を選択しました。
「寝室には畳」と当たり前のようにずっと思ってきたのですが、実際、床に直接布団を敷いてみたら、無垢の床は意外と柔らかかったので、寝心地も特に気にならず、一番気を使って作った寝室は、この家の中でも一番の安心スポットになっています(^-^)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。