無添加住宅を建てて5年が経ちました。はじめてこのブログを読む方は、必ず、「はじめての方へ」をお読み下さい。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
幼稚園の頃からずっとスイミングをやりたがっていたこりすちゃん。

ちょうど行きたいと言い始めた頃は卵アレルギーの真っ最中だったので、
肌が敏感なのが心配で、断念。

その後、アレルギーがずいぶん良くなったと思ったら、
今度は母(私)が化学物質過敏症。
塩素の臭いがするプールへの送り迎えはとても無理だろうと断念。

そして、ここ最近私の症状がある程度落ち着いて、
念願のスイミングに通い始めてました。
こりすちゃんは本当に楽しそう♪
潜れるようになって、浮けるようになって、けのびもバタ足もちょっとだけ出来るようになって(^^)
少しずつ泳げるようになる事が、気持ちよさそうで、楽しそうで。
私も塩素臭いなと思いつつ、なんとかなる範囲の症状でした。

ただ、こりすちゃんも化学物質に敏感で、やはり塩素の影響は受けていました。
スイミング直後に目が赤くなるのは、結構誰でもあると思うんだけど、
その後数日も粘膜がやられてるのか、ちょっとした刺激で赤くなってしまって。
スイミングは週に一回通っているんだけど、1週間経っても目が赤くて、
結局次の時はお休みしたりって事もありました。
覚悟の上での事だったのだけど…
担当のコーチに相談して、初級の子はゴーグルはかけないんだけど、
ゴーグルをして泳いで、様子を見ることになりました。

こりすちゃんは化学物質に敏感なところがある。
化学物質を避けるのも大事。
でも、それだけじゃなくて、スポーツをして、体を鍛えたり、汗を流すのも大事。
でも、何かスポーツをしようと思った時、
たとえばテニスはテニスコートの周りに除草剤が使われていてNG。
ジムのような室内は、床板の問題だったり、ワックスだったり、
プールだと消毒が行われている。
葛藤はありました。
でも、どこにも危険があるのなら、まずはずっとやりたがっていたスイミングをやらせてみよう。
他の子と多少違っても、参加できる形でやらせてもらおうと…
それでもダメだったらあきらめようと。

ちょうど相談したころ、これから消毒が塩素から安全なものに切り替わるからという
コーチの話しでした。
消毒が変わる事で、良い方向に進むかも?と淡い期待を抱いた私だったのでした。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。