無添加住宅を建てて5年が経ちました。はじめてこのブログを読む方は、必ず、「はじめての方へ」をお読み下さい。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
火災保険の内容を確認してほしいというお手紙が来ました。
(割引制度があるので、実際より保険料を取りすぎてないか等)

久しぶりに家の建築関係の書類を引っ張り出しました。
立面図、間取り図、仕様書…
色々な書類を見ていたら、当時の事を思い出して胸が熱くなりました。

土地を買って、いざ家を建てようと思って住宅展示場をまわったら、
体の異変に気がついた事。
ならば健康住宅を!と思ったら、健康住宅と呼ばれるところでも
私の体に合わなかった事。
何より安心して建ててもらえるメーカーを探すのが大変でした。

私には木材アレルギーがあるのか?
(当時は化学物質過敏症のことを知りませんでした。)
わらにもすがる思いで、木材の断片を皮膚科に持っていった事もありました。
(今考えるととんでもないけど、当時は本当、必死でした。)

仮契約をした工務店がありました。でも、対応は十分ではありませんでした。
旦那も工務店の社長さんも、私が訴える症状を信じてくれなかった。
このままでは家作りが危ない。住めない家が出来てしまうかもしれない。
周りを説得するはっきりした診断が欲しく、北里研究所病院を受診しました。
結果は化学物質過敏症。
ショックはありました。でも、これで原因がはっきりしたという思いも。
対応のしようがあるというものです(^^)
工務店に過敏症だったことを伝えると、それ以来連絡が取れなくなりました。
その時は、何故?と行き場のない寂しさを感じましたが、
でも、今になって思うと、ある意味その工務店はちゃんと分かっていたのかも?
自分達が過敏症に対応できる力量があるかどうか?
過敏症の家を作るのは一筋縄ではいかない事。
その後悪化していった症状を思い出すと、やはりあの家には住めなかった。
今思えば、あれで良かったんだと思います。

そしてまた私達のメーカー探しが始まりました。
インターネットで調べていて、たまたま見つけたのが無添加住宅。
近くの代理店に連絡を取って、それから決心するまでも、
(無添加ルームや無添加住宅の家をたくさん見学させてもらいました)
契約してから実際に着工するまでも、
(一つ一つやった建材チャレンジテストにも長い時間がかかりました)
着工して出来上がるまでも(なんと7ヶ月!)
本当に本当に長い日々でした。

今安心して日常を過ごしていると、忘れてしまいがちだけど、
苦労した日々を、支えてくれたたくさんの人への感謝をずっと大事にしていきたい。
そんな事を改めて思いました。

もうすぐで引越しして1年。
あのころの私とは比べ物にならないくらい安心して、落ち着いて生活する事が出来ています。
この場を借りて、家作りに関わって下さった皆さんに、相談に乗って下さった皆さんに、
そして支えてくれた義両親と夫に改めてお礼を言いたいです。

本当にありがとうございます!
リラックスして、家の中でくつろぐ事ができている今は、本当に幸せです(^^)♪
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。