無添加住宅を建てて5年が経ちました。はじめてこのブログを読む方は、必ず、「はじめての方へ」をお読み下さい。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CS(化学物質過敏症)になって、勉強になった事もたくさんありますが、
それと同じくらいか、それより多く辛かった事・悲しかった事もあります。

症状が出て、意識が遠のいたり、寝込んでしまったり、
もどしてしまったり、めまいで立っていられなくなったり…
そういう事ももちろん辛いですが、私にとって一番辛いのはやはり人間関係でしょうか。

CSになって2年半が過ぎ、ずいぶん自分の症状や状態を把握できるようになり、
以前に比べれば上手に自分の病気や症状について話せるようになりました。
(まだまだ足りないですが…)

でも、CSになりたての頃は、自分でも訳が分からず、
その事によって、周りの人に説明する度に誤解を重ねていく時期がありました。
(当時の)近所のおばあちゃんには、りすちゃん、精神的な病気になってしまった
とたぶん本気で思われていたと思う。

また、どんどんひどくなっていく症状にとまどい、
周りの方にかける迷惑も増え、その事からうまく行かなくなってしまった
人間関係もありました。

でも、そんな時からもずっとずっと応援してくれていた人がいます。
それは、お義母さんです。
いつも同じ目線に立って、一緒に考えてくれて、応援してくれて、
励ましてくれて、話しを聞いてくれて、助言してくれて…
その事がどんなに私の支えになっている事か(^^)

お義母さん、ありがとう!
この場を借りてお礼を言いたいです。

家の旦那様が優しいのは、きっとお母さん譲りなのかな?なんて思ったり☆
(えへへ(*^-^*)のろけっちゃった・笑)

応援してくれる人がそばにいると言うのは、本当に幸せなことだと思います。
今日も、明日も元気にガンバロウ!!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。