無添加住宅を建てて5年が経ちました。はじめてこのブログを読む方は、必ず、「はじめての方へ」をお読み下さい。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
家の計画段階で、担当のHさんに「和室(畳)」と「ベランダ」は諦めた方がいいと言われました。
和室は農薬をたくさん使っている畳が、ベランダは防水しなくてはいけないので
強い臭いの塗料が主な原因です。

和室は様々な理由があり諦めたのですが、ベランダはどうしても欲しかったのと、
住んでからも、外部なので窓を閉めれば何とかなるのでは…という事で、
悩んだ末作ってもらう事になりました。
(建築中、近くに住んでいないというのも大きな理由の1つです)

ただ、私の確認不足で正確にはベランダの塗料を塗るのは外部だけではなく、
防水のため室内の一部にも塗るという事をベランダを作ってる最中に知りました。

大事をとって塗料を塗ってしばらくは建築中の家には近づかなかったのですが、(数週間)
それでも久しぶりに見に行った家はものすごい臭いで、ベランダを作った事を後悔した時もありました。
塗料の臭いが床材に染み付いてしまっては大変と、現場監督さんと相談して、
2Fの床材を張るのを待ってもらいました。
結局、ベランダ塗料を塗って、1ヶ月くらい経った頃に臭いがある程度落ち着き、
床材を張ってもらうことになりました。

2年近く経った今でも、天気のいい日にベランダに出ると頭が痛くなる事はありますが、
なんとかベランダを使用出来ています。
2F床材への臭い移りもなく、一番心配していた寝室の塗料の臭いは今は大丈夫そうです。
根気良く付き合って下さった現場監督さんや職人さんに感謝です!

※私の場合、たまたま結果的にはベランダはなんとか大丈夫でしたが、
化学物質過敏症の方が家を建てる場合は、ベランダは作らない方が無難だと思います。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。