無添加住宅を建てて5年が経ちました。はじめてこのブログを読む方は、必ず、「はじめての方へ」をお読み下さい。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朝起きたら、JA(農協)から、農薬ヘリ実施のFAXが来ていました。

無人ヘリは地上散布の約100倍の濃度の農薬をまくので、
化学物質過敏症の一因と言われています。
学校から比較的近い地域でもまくので、
なるべく学校がお休みの日の散布をお願いしています。
今回はこの土日です。

散布があると、シャッターを閉めて、家にこもります。
明日は息子の6回目の誕生日
誕生日の日に家に缶詰も悲しい気がしますが…
学校、幼稚園、土日、やはりどこかにはなってしまうんですよね。

ここ最近、ヘリ散布の有害性により、
廃止になっている自治体が増えてきていると聞きます。
私ももちろん、農政課や、農協の方に廃止をお願いしています。
ただ、他の自治体で、市が関わった散布がなくなっても、
結局農協主体で行われているところもあるみたい。
そうなると、ヘリ散布の予定が把握できず、困っているCS患者さんもいるようです。
健康な方も散布の日には洗濯物を家に入れてる方とか聞きますが、
そういう予防も出来なくなってしまいますよね。

もちろんヘリ散布はやめた方がいいけど、その場合、農家の皆さんや、農協の方に
無人ヘリ散布には有害性があるという理解を深めてもらい、
市内で完全に廃止してもらうのが理想かな?と思います。

出雲市で1200人以上が健康被害を受けた、2008年のヘリ散布は記憶に新しいですが、
出雲市でも市民の安全を重視して、農薬空中散布を中止したそうです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。