無添加住宅を建てて5年が経ちました。はじめてこのブログを読む方は、必ず、「はじめての方へ」をお読み下さい。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
化学物質過敏症は、人によって反応物質が違います。
同じ化学物質でも、ものすごく反応する物と、比較的大丈夫な物があります。

私は、比較的プラスチックには反応しない方だと思います。
小物は買い換えやすい事もあり、プラスチック製品を使用している物もあります。
天然素材だったら全てO.K.という訳ではなく、例えば小物入れなどを選ぶ時、天然素材ゆえ、
防カビ剤や農薬など使用されてる事もあり、私はかえって反応してしまう事があります。

そのような理由があり、プラスチックは化学製品ではありますが、
臨機応変に使用する事があります。

ただ、家に使う物の場合、大きさも大きく、そうそう買い換えられる物ではないので、
多少値段はUPしても、なるべく、プラスチックを使わないように気をつけて選びました。

例えば、お風呂場のドアや、リビングとダイニングの間の仕切り戸、
照明器具などはプラスチックではなく、ガラス製品を使うようにしました。
(私の場合プラスチックはそのままだと比較的大丈夫ですが、
暖まると苦手になるので、照明器具は特に気をつけて選びました。)
また、キッチンの天板も人口大理石ではなく、天然の石を使用しました。
お風呂の浴槽は、前の家がプラスチック製でお風呂に入るとぐったりしていたので、
今の家はホーローの物を選びました。おかげで、今はゆっくりお風呂に入れるようになりました
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。