無添加住宅を建てて5年が経ちました。はじめてこのブログを読む方は、必ず、「はじめての方へ」をお読み下さい。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
家の契約書には特記事項として、次の事が書かれています。

「無添加住宅の素材が、りす様に不適合の場合、
本契約は無効といたします。
CS患者様が無添加住宅にお住まいになることにより、
症状が治ることは保証されるものではありません。」

無効になるのは、もちろん、着工前の話しです。
(着工してしまえば、多大なお金や人手がかかるわけですから)
それまでの間に、自分でしっかり試してくださいという事なのです。
素材が大丈夫かどうかというのは、全て私の責任の下になります。
厳しいような気もしますが、それは当然の事だと思います。
そして、代理店の方は、チャレンジテストをする私に
全面的に協力して下さいました。

化学物質過敏症は、健康な方だったら気にも留めないような
微量の化学物質で体調不良を起こしてしまう症状です。
また、化学物質に限らず、天然のものでさえ、
反応してしまう事があります。
(例えば、殺虫成分を出しているひのき材など)
合成洗剤だけでなく、石鹸成分の物でさえ、
反応して使えない方もいます。
反応物質は人それぞれで、それによって引き起こされる症状も
またそれぞれです。

無添加住宅の素材は、新建材に比べれば限りなく安全な素材ですが、
それでも反応する方がいらっしゃると聞きます。
これは、様々なものに反応する、人によって原因物質が違う
化学物質過敏症の特徴から考えて、当然の事だと思います。

そうなると、判断するのは、化学物質過敏症の症状がある
本人にしか出来ないという事になります。

私の場合は、大阪と関東の無添加ルーム(過敏症対応)2ヶ所、
無添加住宅の一般のモデルハウス2ヶ所、
無添加住宅の一般のお宅1ヵ所(2回)を見学させて頂きました。
そして、過敏症対応の家が見学できなかった事から、
床材、タイルなど全ての建材のチャレンジテストをさせて頂きました。
それでも大丈夫かな?と不安なくらいです。

タイルを試す時は、「タイルは大丈夫なんじゃないですか?」
と言われました。
私も実際思いました。
しかし、試してみたら、大丈夫なものとそうじゃないものとあるんですね。
あとから聞いた話しだと駄目だったタイルは、
焼く時の温度が低かったんです。(1000度弱)

何を試したいかという事は、
過敏症の人本人にしか分からないと思うんですよね。
過敏症は考えもつかないもので、体調不良を起こすわけですから。
そして、疑問な点は、代理店の方や、無添加住宅の本社の方に
とことん質問して、教えて頂きました。

…とは言え、建築に関しては素人なので、
確認したつもりでも、どうしても漏れが出てしまいました。
実は着工後にも、抜けていたものをいくつかテストしました。
現場監督さんが色々気づいて下さって、
「これは大丈夫なの?」と必ず確認して下さったので、
本当に助かりました(^-^)
困った時には、一緒に考え、自分の事のように心配して下さり、
一緒に適切な素材が無いか、解決法が無いか
探して考えて下さった、現場監督さん。
設計の方は、換気や家具の事などでアドバイスして下さいました。
担当のHさんは、時には厳しく、時には優しく励まして下さいます。

過敏症というのは結構孤独です。
でも、相談に乗って下さる専門の方がそばにいる事は、
本当に心強いです。
過敏症という健康な方から見たら面倒な私に対し、
誠心誠意対応して下さる代理店の方々。
本当に、この代理店を選んで良かった!と思います。
家を建てるにあたって、信頼できる代理店やメーカーを選ぶという事は
必要不可欠だと思います。
出来れば、過敏症に理解ある方がいるところの方がいいと思います。
(家の場合、担当のHさんが詳しかったので、代理店の方々、
職人さんに過敏症について折を見て話して下さり、
皆さんが協力して下さるようになりました。)

実は、時々このブログを書いていて、怖くなる時があります。
(他のブログも一緒ですが)
「私が無添加住宅が大丈夫だった」と言うのは、
ただの一例で、全ての過敏症の方に大丈夫と言う訳ではないんですよね。
その辺りをこのブログを読んだ方が誤解されて、
家を建ててもし、住めなかったら…
そして、症状も悪化してしまったら…と考えると、
怖くて書けなくなりそうになる時があります。
私にはとてもその責任は取れないです。

でも、それでも、どなたかのお役にたてればと思って、
書いているのが現状です。

どうかこのブログを読んでいる過敏症の方々にお願いです。
家は本当に高い買い物です。
そして、家に健康に住めなくなると
体が休まらず、体調ダウンする事も考えられます。
(家自体が原因で、体調不良を起こす事も、十分考えられますよね)
このブログでの私の体験やテストを鵜呑みにせず、
どうか、慎重に慎重に、自分の責任の下でテストして選んで下さいね。

やれる事はやったので、私自身も建設中の家に
無事住める事を、今は信じる事しか出来ないです。
そして、今安心して住める場所のない方も、
リフォームをしたり、新築で家を建てたり、
また中古で安全な物件を探したりして、
いい家が見つかる事を祈っています。

最後にいつもお世話になっている代理店の方々に、
無添加住宅の本社の方々に、この場を借りてお礼を申し上げます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。